【経験談】転勤命令でモチベーションを下げるのは間違っている!?

引っ越し ライフスタイル

ある日突然、上司から肩をたたかれ「ちょっといいか!?」と呼び出され、転勤の話を持ち掛けられ、当時の私は「はい!喜んで!」と転勤を承諾しました。普通は難色を示すみたいで、さすがに当時の上司も即答でOKサインが出て驚いていました。そんな経験談と転勤に対してなぜ、前向きで考えられたのかについて少し、書いてみたいと思います。

そもそも、転勤があることが当たり前!?

疑問

厚生労働省の調査結果によると、一般的に転居を必要とする人事異動のある会社は全国で”33.7%”でさらに、企業規模が大きいほど転勤割合が高い傾向にあります。

”企業規模が大きい”とは1,000人以上いる会社です。

そんな会社にお勤めのあなた!

正社員のほとんどが転勤の可能性があり、その割合は”50.9%”と高水準です。

ですので「転勤は嫌だだけど、企業規模が大きい会社に勤めたい」と企業を選んでも、全国的に転勤はそうそうに回避できるものではありません。

また、従業員数が1,000人未満の企業にお勤めの場合でも業種によっては当然、転勤の可能性は”ゼロ”ではないため、転勤はあって当たり前と認識しておくことが心の準備が整えやすくなります。

転勤する前に準備をしておくこと

PLAN

転勤といえば「家族はどうしよう」「職場になじめるか」「転勤先での新しい仕事を覚えないと」など初めて転勤をする方は新しいこと尽くめで不安も積りストレスに感じてしまうかもしれません。

ですが、人を動かすということは、会社もそれなりに転勤者に対して時間やお金を使っていることを認識してください。

それだけ、あなたに期待をして投資してくださっているのですから!

転勤を控えた時期、私が実際に行った準備をお伝えします。

”転勤=期待値”

アップイメージ

転勤を命じられた時に「なんで自分なんだろう・・・。」「必要ないのかな」なんて考える人もいるかもしれませんが、その考えめちゃくちゃ間違っています!

いらない人材なんていません!僕が上司であればはっきり言ってクビにします!

そもそも、不要な人材を転勤させるということは”会社のお金を燃やしている”のと同じです!何度も言いますが、それだけ人を動かすということは手間と時間とお金がかかります!

実際に上司に言われた言葉ですが

「将来の期待値が高く今後の成長を見込んで、経験値を積ませるために社内・社外で勉強してこい」

と言われたんですね~!いや~いい上司とはこういう人のことを言うんだなぁと実感!

上司はあなたに期待をして、人として従業員として大きく成長してほしいんです!

多くの人が転勤の根本が間違っている

遊び

私の辞書では、転勤とはこうやって訳します。

転勤・・・会社の金で旅行が楽しめる画期的システム!!

急に話は変わりますが、ここが一番重要です。

そうです!転勤とは上司に「旅行でもしていろいろ学んできなさい」と言われているんです!

先ほど、上司に期待されているとお伝えしましたがぶっちゃけ私の場合は、転勤先ではやることが決まっていたため遊ぶことしか考えていませんでした。

まぁ仕事は「新工場の立ち上げと生産効率を引き上げてこい」なんて無茶ぶりされましたが、ノルマも達成して無事に帰ってこれました。

ですが、今思うと「遊びなくしてノルマ達成はありえなかった」と実感しています。

当時は、お気楽な私でも使命感や期待に応えようと必死にいろいろ考えて行動していました。

なかなか思うようにいかず、ずるずると計画に遅れが出始めたときに、息抜きを兼ねて出かけてみると不思議と心に余裕ができて、周りがよく見えてくるようになりました。

四六時中どれだけ一生懸命に頑張っても、プレッシャーに負けていては仕事はうまくいかないことに気づいたんです。

やるときはやる!遊ぶときは遊ぶ!

だから、遊ぶんです!!!(笑)

 




とはいえ、スイッチをしっかり切り替えてやるべきことはやってくださいね!

アウトプットがあれば、遊んでいようが文句は絶対に言われません。

また、根拠はないですが、この時私は「遊びがうまい人は、仕事もできる」のでは!?と考え始め、周りをよく観察してみたら、やっぱり遊びがうまい人(多趣味・友達が多い)は仕事が早くて容量がいいんですよ。これほんとに!!

何事もゆとりある生活があるからこそ、ワークバランスが取れるですね!

ほかにも、遊びには大きなメリットがあります。当然ですが、話のネタになります。

「この前、こんな居酒屋見つけたんですよ」
「どんな店がおすすめですか!?」
「ここの店員さんすごいかわいい子がいました!」

など、話題を作って現地で気の合う人と友達にもなれます。

転勤だからと身構えず、しっかり遊んで元の部署に土産話を持ち帰ってみてはいかがですか♪

まとめ

初めは、引っ越しや必要な家電などをまとめてみようかな、と思っていましたがググると多くの方がまとめてらっしゃいましたので、転勤の考え方について私なりの持論を書いてみました。

どうせなら、気楽に楽しくやろうよ!!

ということで、最後にまとめます。

1.転勤は当たり前:全国の企業で33.7%、規模が大きい会社は50.9%

2.転勤=規定値:あなたの成長を見越して会社・上司はあなた自身に大きな投資をしている

3.転勤の定義:転勤とは、会社の金で旅行が楽しめる画期的システム

4.遊びで学べ:「うまく遊べている人は仕事もうまくこなせる」だから遊べる人になる

5.友達作り:遊びで得た知見でネタを提供して友達を作ろう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました